本文へスキップ

一度は行ってみたい場所を巡る

日本の灯台 北海道 東北 関東 中部 近畿 中国 四国 九州』HEADLINE

四 国 「香川県 徳島県 高知県 愛媛県

「蒲生田岬灯台」徳島県阿南市椿町

四国最東端に建つ蒲生田岬灯台は、紀伊御埼灯台と並んで瀬戸内海の東側の入口を標示している灯台です。
この岬の沖合にある伊島との間には、岩礁が多数あり、潮流が速く、昔から幾多の船の安全を脅かしてきました。
この灯台は海上交通の安全に果たす役割は、計り知れないものがあります。

塗色構造 白塔形
灯  質 単閃白光、毎3秒に1閃光
光  度 2,200カンデラ
光達距離 10海里
塔  高 11m
灯  高 50m
初 点 灯 大正13年10月1日

所在地 〒779-1750  徳島県阿南市椿町
交通アクセス
(1)阿南駅から車で60分
R55から県道200号へ、途中にある船瀬温泉を過ぎさらに岬方面へ進むと無料駐車場があります。
駐車場から徒歩12分程で灯台。  

      

「室戸岬灯台」高知県室戸市室戸岬町

四国の南東端に位置する室戸岬灯台は、明治32年(1899年)4月1日に完成しました。
光達距離26.5海里(約49km)は日本一です。
また、日本に5箇所 しかない直径2.6メートルの第一等フレネル式レンズを備えた第1等灯台でもあります。

塗色構造 白塔形
灯  質 単閃白光、毎10秒に1閃光
光  度 1,600,000カンデラ
光達距離 26.5海里
塔  高 15.4m
灯  高 154.7m
初 点 灯 明治32年4月1日
所在地
〒781-7101  高知県室戸市室戸岬町
交通アクセス
(2)高知道南国ICから車で120分   


「足摺岬灯台」高知県土佐清水市足摺岬

四国最南端にある、足摺岬灯台は、高知県土佐清水市にある白亜の大型灯台です。
周辺は、足摺宇和海国立公園に指定され、太平洋を望む風光明媚の地。
また、「日本の灯台50選」にも選ばれています。

塗色構造 白塔形
灯  質 群閃白光、毎30秒に3閃光
光  度 460,000カンデラ
光達距離 20海里
塔  高 18m
灯  高 61m
初 点 灯 大正3年4月1日

所在地
高知県土佐清水市足摺岬
交通アクセス
中村駅からバスで80分  

     

「佐田岬灯台」愛媛県西宇和郡伊方町

佐田岬灯台は四国最西端にあります。
愛媛県伊方町に属していて、瀬戸内海国立公園の一部でもあります。
佐田岬は九州の関崎と向かい合うような位置関係で、晴れた日には佐田岬展望台から関崎を一望することもできます。

塗色構造 白塔形
灯  質 群閃白光、毎20秒に3閃光
光  度 250,000カンデラ
光達距離 19海里
塔  高 18m
灯  高 49m
初 点 灯 大正7年4月1日

所在地
〒796-0823  愛媛県西宇和郡伊方町2935
交通アクセス
(1)八幡浜駅からバスで65分
車で30分 、駐車場から徒歩20分
長さ50km近くある佐田岬半島をR197より県道255で終点まで行き、突き当りの駐車場に車を停めさらに1.8kmの遊歩道を歩きます。 

バナースペース

日本縦断 くるま旅

たび旅日記